快適な暮らしを実現できる!?食洗器のメリットとデメリットを紹介!

スイッチひとつで洗いから乾燥までトータルに仕上げてくれる便利なアイテム、それが食洗器です。その一方で、キッチンに初めて導入する場合にはスペースの確保や設置の手間、あるいは設置後のコストパフォーマンスなど何かと不安を持つ方もいるかもしれません。

ここでは食洗器を導入する際の参考として、そのメリットやデメリットについてご紹介していきます。

手軽に設置できるのが魅力!据え置き型

食洗器には大きく分けて2つのタイプがありますが、そのうちの1つが据え置き型と呼ばれるものです。その名のごとく、キッチン台やサイドテーブルなどに置いて使用する簡易型の食洗器を指します。感覚的にはトースターのように手軽に設置して使えるので、賃貸住宅で大掛かりな設備を導入できない場合や独り暮らしや単身世帯で小型の食洗器でも十分な方などに最適です。

ただし、注意しなければならないのは分岐水栓が必要な点です。食洗器である以上は水が必要ですから、シンクの蛇口などに分岐水栓を取り付けて水を引くことで初めて使えるようになります。また、分岐水栓の値段も意外とかかる場合があるため、設置の際には購入店のスタッフや施行業者などにあらかじめ交渉してみるのも良いでしょう。

大容量なのに見た目がスッキリ!ビルトイン型

2つのタイプの食洗器のうち、もう1つのものがビルトイン型です。このタイプはシンク下やキャビネット部分などシステムキッチンの一部として組み込まれており、見た目もスッキリとしてデザイン性に優れます。また、キッチンの収納スペースと同じように引き出し感覚で使用できるので、使い勝手もスムーズでストレスを感じさせません。

その上、大きめの食器や大量の食器を収納して洗える点もビルトイン型の見逃せない魅力です。大人数の家族をはじめ、日ごろから来訪者が多い家庭などにはこのタイプのものがおすすめです。

食洗器のメリットその1:時間が節約できる!

食洗器が稼働している間はもちろんハンドフリーです。手間といえば、せいぜい食洗器の中に使用済みの食器を並べてスイッチを入れる程度です。後は自動運転により洗浄から乾燥までをトータルで機械が実行してくれます。

食洗器の運転時間については製品にもよりますが、スピーディーコースや少量コースといった選択機能があるものならば30分程度、フルコースであれば2時間を超えるものもあります。ただしこの場合、食洗器の運転時間は問題にならないでしょう。

むしろ長いほど、しっかりと洗浄している証とも言えます。そして何といっても、食洗器の運転中はフリーになりますから他の家事をやったり、家族との団らんや趣味などの時間に充てることができます。手間いらずで負担が少ない上、時間も有効活用できます。

食洗器のメリットその2:高い洗浄力を実現!

初めて食洗器を購入する場合は本当にしっかりと食器の汚れが落ちるのか、半信半疑になる方もいることでしょう。手洗いでも落としにくいしつこい油汚れや湯呑みなどに付着する茶渋などについては、特に不安になるはずです。

しかし、結論から言えば心配無用です。食洗器の基本的な仕組みとしては、およそ50℃から70℃くらいのお湯と食洗器専用のアルカリ系洗剤を使用して水圧洗浄していきます。このような仕組みによって、食用油や納豆のようにヌルヌルした汚れの他、湯呑みの茶渋やガラスコップの水垢といったものまでスッキリ清潔感のある洗い上がりを実現します。

一度この洗浄力を体験すれば、食洗器が手放せない生活になるかもしれません。

食洗器のメリットその3:除菌もバッチリ!

単に汚れを落とすだけでなく、除菌までしてくれるのが食洗器の凄いところです。あるメーカー製品の場合、運転開始からわずか5分程度で、99%の除菌率を達成したケースもあります。一般的な手洗いに比べ、食洗器の方が除菌力に優れている理由は50℃以上の高温による水圧によって、食洗器専用の洗剤の働きが最大限に引き出されるからです。

温度と化学、そして物理力の3段階により、手洗いでは決して真似のできない優れた除菌力を発揮します。これならば幼児のいる家庭でも、安心して食器を使用することができますよね。

食洗器のメリットその4:驚きの使用水量の少なさ!

ここまで読んでみて、食洗器では大量の水やお湯を使い続けるようなネガティブなイメージを持った方もいるかもしれません。しかし、それは全くの誤解です。製品やタイプにもよりますが、標準的な食洗器ならば、1回あたり約20リットルの水使用量に過ぎません。

さらに最新の機種であれば、1回あたり10リットル程度の水量で済みます。ちなみに手洗いの場合では、家族4人分で1回あたり80リットル前後の水が使用されているという驚きの調査データがあります。これを見れば、食洗器と手洗いどちらが節水に優れているのか一目瞭然でしょう。

食洗器のメリットその5:手肌への負担が少ない!

毎日家事をする主婦の中には、水仕事による手荒れに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。特に空気が乾燥しやすい冬場などは、水仕事をすることであかぎれやひび割れが一層酷くなるケースもあります。そんな方こそ、食洗器を積極的に活用してみましょう。

洗いから乾燥までトータルで自動で食器を洗ってくれるので、手肌への負担を最小限に抑えることができます。キッチンに食洗器を導入すれば、長年の手荒れの悩みから解放されるかもしれません。

⇒食洗器が使いたい、でも電気代が心配!

食洗器のデメリットその1:洗えない食器類がある!

前述したように、食洗器は温度と化学、そして物理力の3段階により強力な洗浄力を発揮します。裏を返せば、熱や化学反応に弱く、傷つきやすいような食器類は食洗器では洗えないことになります。例えば、非耐熱性のプラスチック製品などは高温の水圧や熱風をかける食洗器にはふさわしくありません。

また、アルミや銅などの金属製品をはじめ、漆器や木製などの食器類は食洗器専用の洗剤に反応しやすく、変色や変形を招くことがあります。さらに陶器やクリスタルといった表面上が繊細な食器類の場合も高い水圧によってキズがついたり破損することがあるため、やはり食洗器の使用は避けた方が無難です。

このように食洗器に不向きな食器類もあるため、よくチェックしてから洗浄する必要があります。また、食器類を購入する際にも「食洗機可」や「食洗機使用不可」といった表示を見落とさないことが大切です。

食洗器のデメリットその2:許容量に制限がある!

据え置き型とビルトイン型、どちらの食洗器であってもフタや扉で密閉してから洗浄がスタートします。つまりフタや扉が閉まらないほどサイズの大きい食器類や調理器具などは、食洗器では洗えないことになります。また、大量の食器類を洗いたい場合も許容量をオーバーするため、一度では洗いきれないケースもあります。

確かにビルトイン型の製品を中心に、サイズの大型化や多機能化が目立ちますが、それでも大きい鍋やフライパン、あるいは長尺モノの食器類など意外と洗えないものが多いのも事実です。したがって、購入する際には自分のニーズをよく見極め、しっかりと検討する必要があります。

⇒大型の食洗器ならコレがおススメ

食洗器のデメリットその3:音が大きい製品もある!

食洗器の技術的進化が目覚ましいとはいえ、機械音を完全にゼロにするのはまだまだ難しいのが現状です。寝静まった夜間や乳幼児のいる家庭、あるいはアパートやマンションなどの共同住宅で使用する場合にはちょっとした工夫が必要かもしれません。

例えば、タイマー機能の付いた食洗器であれば、騒音が気にならない時間帯に設定することができます。さらに静音設計に優れた最新鋭の食洗器を購入することも、選択肢の一つとして考えられるでしょう。